ページトップ

日本気象協会

映像の「AI解析」により、道路管理支援技術の共同開発と日本初の「AI天気」を実現

TOPICS

・AI情報解析プラットフォーム「SIGNAL」とは?
・道路管理支援技術
カメラ映像から「雨雪判別」「積雪状態」「路面状態」等の情報を取得
共同開発の背景:人の目に頼る部分が多い冬季の防災情報
共同開発の概要:リアルタイムでの防災情報の提供や予測技術開発に貢献
・「AI天気」の放送を日本で初めて実現
お天気カメラを活用した通行人の服装判定

AI情報解析プラットフォーム「SIGNAL」とは?

AI情報解析プラットフォーム「SIGNAL」は、これまでスペクティが培ってきた技術を集結し、カメラのライブ映像やセンサーなどの情報を、画像解析や自然言語解析、音声認識技術などを使って分析するためのAI解析プラットフォームです。気象関連、防災に関するもの、防犯やセキュリティに関するものなど、あらゆる企業のデータ分析ニーズに応えることが可能です。

道路管理支援技術

カメラ映像から「雨雪判別」「積雪状態」「路面状態」等の情報を取得

一般財団法人 日本気象協会と、SNSや天気カメラなどの映像を解析し、道路の路面状態を自動判定する技術を開発しています。

道路において、生活に影響の大きい事象の判別をするための情報はこれまで、人の目の判断に頼らざるを得なかったり、高額な計測機器が必要だったりしていました。今回の共同開発を通じ、映像からのAI解析による「雨雪判別」「積雪状態」「路面状態」「吹雪発生」「視程」などの情報を取得することで、道路の安全や気象予測に関する技術を開発していきます。

共同開発の背景

近年に多発する異常気象は私たちの生活を脅かし、社会経済に与える影響は年々大きくなっています。特に、最近では冬季の豪雪や吹雪による雪害や大規模なスタックが発生したり、普段は雪の降らない地域でも「平成26年関東甲信豪雪」のような豪雪災害に見舞われたり、毎年のように雪害が発生しています。

雪害に関わる事象の判別や計測は様々であり、単なる「雨雪判別」に限らず「降雪の強さ」や「積雪の深さ」も重要です。道路交通に目を向ければ、降雪現象だけでなく「路面状態」の判別が極めて重要になります。さらに、自動運転の将来的な実運用が始まることを考えると、道路の雪氷管理の重要性が増し、「路面状態」の詳細な把握が欠かせなくなると考えます。

一方、北海道のように特に寒冷な地域では、ホワイトアウトに伴う吹雪災害や多重衝突事故がたびたび発生し、「地吹雪の発生」や「視程」といった情報が不可欠です。また、札幌市のような寒冷地の都市部では、雪道での転倒事故による救急搬送が年々増加していることから、「歩道の滑りやすさ」といった情報も必要です。

こうした冬季の道路状態に関する情報は、計測機器は高額であったり、技術的に開発途上であったりして、人の目に頼る部分が多いのが実情です。その一方で、道路管理者などによる監視カメラやライブカメラの設置が進んでいます。

そこで、日本気象協会とスペクティはこうしたカメラ映像に着目し、最新のAI技術を駆使した冬季の気象情報や道路交通に関する情報をリアルタイムに提供するサービスの開発に着手します。

共同開発の概要

共同開発では、まず冬季の気象および道路に関する情報に着目し、以下の事象へのAI技術による映像解析技術の開発を行います。

・雨雪判別(雨が降っているのか、雪が降っているのか)
・降雪の強さ(降雪量)
・積雪の深さ
・道路の路面状態(乾燥、湿潤、シャーベット、凍結、積雪などの判別)
・地吹雪の発生判別(ホワイトアウトの発生)
・降雪、吹雪、地吹雪に伴う視程(ホワイトアウトの程度)
・歩道の滑りやすさ

AI技術による映像からの事象判別または計測が確立されれば、実況値のデータ量が飛躍的に増大します。さまざまな実況地を多数取得・蓄積することで、予測技術の開発も進むことが期待できます。

日本気象協会とスペクティはこの技術開発を通じて、道路管理者や自治体などへの道路管理支援技術の高度化や防災関連情報の配信を目指します。

「AI天気」の放送を日本で初めて実現

日本気象協会とフジテレビと共同で、スペクティが開発したAI情報解析プラットフォーム「SIGNAL」をベースに、お天気カメラの映像をリアルタイムに解析し、天気関連情報指数を算出・表示する「AI天気」の放送を2019年4月に日本で初めて実現しました。

通行人の服装を判定し、コートの着用率等を算出

4月の放送では、渋谷のスクランブル交差点を通行する人の服装を判定し、その中からコートの着用率を算出するもので、外出する際の服装や持ち物を決める参考になると好評を博しました。

これを受けて、気温が変動しやすい季節の変わり目となる9月には、それまでより解析精度を大幅に高めて、全国各地の街行く人々の服装を解析し天気関連指数を提供する、バージョンアップした「AI天気」の放送を行いました。

これからもカメラ映像などの非言語情報を含むあらゆる情報の解析をおこなうことで、人々の生活に密接に関わる価値ある情報をお届けしてまいります。