ページトップ
2020.09.29 ニュース

東京ガスにAIリアルタイム危機管理情報サービス『Spectee Pro』を納入

株式会社Spectee(本社:東京都千代田区、代表取締役:村上建治郎、以下スペクティ)は、同社が提供するAIリアルタイム危機管理情報サービス『Spectee Pro(スペクティプロ)』が、東京ガス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:内田高史、以下東京ガス)の災害時の情報収集ツールとして採用されましたので報告します。尚、本件は販売パートナーのソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:古田了嗣)とともに納入しました。

『Spectee Pro』は、AI技術を活用して情報解析し、いち早く正確に緊急情報を配信、被害状況を可視化する危機管理情報サービスです。TwitterやFacebookなどのSNSに投稿された情報をもとに、自然災害、火災、事故等の発生など、緊急性の高い情報を100以上のカテゴリーでリアルタイムに配信。市区町村、空港や駅、観光地スポット、工場や商業施設、自社の設備や事業所周辺といった対象と組み合わせて地図等で表示し、「どこで何が起きているか」を確認できます。

さらに、スペクティではAIを活用し、デマや誤情報、情報の重要度などを的確に分析するとともに、24時間対応の専門チームによる情報の分析・精査も合わせて行うことで、現場の最前線で働く職員の方々が情報に惑わされないように、万全のサポート体制を敷いています。

東京ガスは、災害時にいち早く被害情報を入手するためSNSに投稿される情報に着目し、SNSからリアルタイムに災害・危機管理情報を覚知できる『Spectee Pro』を災害対応に活用することを目的として導入することになりました。

スペクティは、今後も『Spectee Pro』を活用して、きめ細やかな災害・危機管理情報の収集や地図等を使った被害状況の可視化など、自治体の防災対応や企業の危機管理ニーズにもとづいた、業界標準の危機管理ソリューションとして提案してまいります。

リアルタイム危機管理情報サービス『Spectee Pro』