しっかりと理解する南海トラフ地震

資料概要

2011年3月11日に発生した東日本大震災に匹敵、または凌駕するとされる「南海トラフ地震」の発生が懸念されています。南海トラフとは、日本列島の南方100~150kmの海底を走っている溝で、海洋プレートが大陸プレートに沈み込んでいる場所です。これまでの記録や観測から、ひずみが溜まっていると見られ、地震発生の確率が高まっています。

南海トラフ地震はいつ起こるのか、どのような被害が想定されているのか、そして企業はどんな対策をとるべきかについてまとめました。

内容

  • ・南海トラフ地震による被害
  • ・企業の対策は

こんな方におすすめです

  • ・四国、近畿、東海エリアに拠点、店舗、取引先などがある企業の方
  • ・BCP、リスク管理を担当されている方
  • ・サプライチェーンマネージメント、購買、調達を担当されている方
Share this with: