ミッション

最先端の情報解析技術で、世界のあらゆる『危機』から人々を守る。

image

ミッションの背景

2011年3月11日、東日本大震災。
ボランティアとして現地に乗り込んだ代表の村上はマスメディアの情報と実際の現地の状況に大きな乖離があることを目の当たりにした。一方で、ツイッターなどのSNSによる個人からの発信は現場の「リアル」をタイムリーに伝えていた。

「この情報を収集・分析することで、正確な情報を必要な人に届けられないか」

スマートフォンなどの普及により爆発的に増え続ける情報の海の中から惑わされることなく、「必要な情報を」「必要な時に」「必要な人に」、「正確かつ最適な状態で」 提供し続けることを"使命"として受け止めた瞬間である。

2014年にリリースした「スペクティ」はスマートフォンのアプリから始まり、PC版へと進化し、AI等の最先端技術で災害やリスクをいち早く正確に「可視化」。現場の意思決定を円滑にする防災・危機管理ソリューションとして企業や自治体などの多くのお客様にご利用いただいています。

東日本大震災をきっかけに立ち上がった私たちは、これまで培ってきた情報解析技術を駆使して様々な『危機』から人々を守り、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

代表メッセージ

世界で多発する自然災害、未曾有の感染症の拡大、さらにはエネルギー・水・食料の問題、環境汚染、金融や経済のリスクなど、現代の人々は様々な『危機』に面しています。

"情報爆発"の時代に、AIをはじめとした最新のテクノロジーを駆使して世界中から情報を集めて解析し、リスクをいち早く可視化することで、すべての人が安全で豊かな生活を送れるよう努力してまいります。

代表取締役 CEO
村上 建治郎

経営チーム

村上 建治郎
代表取締役 CEO
村上 建治郎
  • 1974年 東京都生まれ
  • 米国 ネバダ大学 理学部 物理学科卒
  • 早稲田大学大学院商学研究科 修了 MBA

エー・アイ・アイ株式会社(ソニー子会社)にて、デジタルコンテンツの事業開発を担当。2005年 米Charles River Laboratories入社、日本企業向けマーケティングに従事、2007年 シスコシステムズ入社、パートナー・サービス・ディベロップメント・マネージャーなどを経て、2011年 同社を退社し独立、ユークリッドラボ株式会社(現・株式会社Spectee)を創業
Facebookページ

根来 諭
取締役 COO
海外事業責任者
根来 諭
  • 1976年 東京都生まれ
  • 慶應義塾大学 法学部 法律学科卒

1998年 ソニー株式会社入社。法務・知的財産部門、エンタテインメント・ロボットビジネスでの経営管理を経て、Sony France (パリ)、Sony Electronics Asia Pacific (シンガポール)、Sony Middle East and Africa(ドバイ)にてセールス&マーケティングを担当。中近東アフリカ75カ国におけるレコーディングメディア&エナジービジネスの事業責任者を最後に、2019年 Specteeに参画。

齋藤 和紀
取締役 CFO
齋藤 和紀
  • 1974年 北海道生まれ
  • 早稲田大学人間科学部卒
  • 早稲田大学大学院ファイナンス研究科 修了 MBA

1998年 株式会社日立製作所(事業部経理)、2001年 デル株式会社 (ファイナンス・プランニング)、2008年 金融庁企業開示課国際会計調整室。2009年 ダウ・ケミカル日本株式会社にて、カントリー・コントローラー 兼 経理部長を経験後、2013年 Kii株式会社にてファイナンス・ディレクターを担当、同社の増資を指揮した後、2016年 株式会社Specteeに参画。

藤田 一誠
取締役 CTO
藤田 一誠
  • 1977年 福岡県生まれ
  • 宮崎大学工学部情報工学科卒
  • 宮崎大学大学院工学研究科 修了 工学修士
  • グロービス経営大学院 修了 MBA

富士ソフト株式会社にて、新規事業の立ち上げ、グループウェアの開発やLinuxソフトの開発などを担当後、ヤフー株式会社にて、ヤフーオークションの開発およびディレクション、エンターテイメント系サービス、電子書籍サービスの新規事業のディレクションを担当。2012年 ガラポン株式会社に参画し、取締役就任。2013年よりユークリッドラボ株式会社(現・株式会社Spectee)に参画。

岩井 清彦
取締役 CDO (Chief Development Officer)
Spectee AI 研究所 所長
岩井 清彦
  • 1972年 宮城県生まれ
  • 東北学院大学工学部電気工学科卒

1994年 日立那珂エレクトロニクス(現 日立ハイテクソリューションズ)入社、ソフトウェアエンジニアとして主に基本ソフトウェアを担当。1999年 キヤノンソフトウェア株式会社入社、キヤノン製品のデバイス用ソフトウェアなどを担当。2010年 個人でスマートフォン向け65万DLのアプリを開発。2013年 キヤノン株式会社へ出向、ネットワークカメラの根幹品質検査ソフトウェアや品質管理システム構築などに携わる。

沿革

  • 2014年

    5月
    AI 防災・危機管理ソリューション「Spectee(スペクティ)」リリース
    10月
    AI Orange Fab 第2期に選出
  • 2015年

    7月
    Open Network Lab 第11期に選出
  • 2016年

    12月
    日経/J-TECH 優秀スタートアップ 認定
  • 2017年

    6月
    米AP通信社と事業提携
    11月
    AIアナウンサー「荒木ゆい」発表
  • 2019年

    1月
    兵庫県神戸市「Urban Innovation KOBE(アーバンイノベーション神戸)」のプロジェクトに採択
    2月
    日本気象協会とAI解析による道路管理支援技術の共同開発を開始
    4月
    「NVIDIA Inception Program」パートナー企業に認定
    4月
    「SIGNAL」β版リリース
    6月
    英ロイター通信社と事業提携
    10月
    東京都「先進的防災技術実用化支援事業」に選定
    12月
    ソニービジネスソリューション株式会社と資本業務提携
  • 2020年

    3月
    全ての企業・自治体の危機管理向けに大幅にアップデートされた「Spectee Pro (スペクティプロ)」をリリース
    3月
    株式会社時事通信フォトと事業提携
    12月
    石川県加賀市と防災協定締結
  • 2021年

    1月
    株式会社Tech Designと事業提携

受賞歴

  • ICT Spring Europe 2014
    日本代表選出
  • Open Network Lab
    最優秀賞
  • Mashup Award
    優秀賞
  • TechCrunch Tokyo 2016
    優秀賞
  • 総務省主催
    「異能ベーションプログラム」
    協賛企業特別賞受賞
  • 日本新聞協会
    技術開発奨励賞

海外事業

海外事業

誰もがスマートフォンを肌身離さず持ち歩く時代。

テロ事件、異常気象、大規模火災、その現場ではジャーナリストが駆けつけるずっと前に、一般市民が写真・動画を撮影し、ソーシャルメディア上にシェアし始めます。ユーザーが生成したコンテンツ=UGC (User Generated Contents)は、現場のリアルを何より速く伝えるものとして、現代のニュース報道で重要な役割を果たしています。

スペクティは、日本でのSNSリアルタイム速報サービスで培ったAI技術を活かし、ニュース素材となるUGC動画をSNS上で発掘・収集、必要な権利処理を行った上で自社サイト及び提携パートナーを通じて、世界中のテレビ局・新聞社などの報道機関に提供しています。AI技術のみに頼らず、5つの国籍のメンバーが、東京・ロサンゼルス・ロンドン・コペンハーゲンから全世界を24時間カバーし、ファクトチェックや追加情報の収集にあたることで信頼性の高いサービスを実現しています。

AP REUTERS

会社概要

本社
株式会社 Spectee (読み:スペクティ | 英語表記:Spectee Inc.)
本社所在地
〒102-0076​ 東京都千代田区五番町 12-3
電話番号:03-6261-3655(代表)(営業電話はお断りしております)
代表取締役
村上 建治郎
顧問弁護士
中山 達樹(中山国際法律事務所)
顧問会計士
吉田 正人(吉田公認会計士事務所)
主要取引銀行
みずほ銀行 新宿中央支店​
三井住友銀行 赤坂支店

※記事等で取り上げていただく際、「Spectee(スペクティ)」または「スペクティ」と表記いただきますよう宜しくお願いいたします。

オフィス
株式会社 Spectee (Spectee Inc.)
〒102-0076​ 東京都千代田区五番町 12-3 五番町YSビル 3階