ページトップ
2020.05.22 ニュース

AIアナウンサー「荒木ゆい」が、医療従事者の負担を軽減に一役 神戸市立医療センター中央市民病院で「検温・問診アナウンス」に協力

株式会社Spectee(本社:東京都千代田区、代表取締役:村上建治郎、以下スペクティ)は、TOA株式会社(本社:神戸市、社長:竹内一弘、以下TOA)と共同で、5月18日より神戸市立医療センター中央市民病院におけるスタッフの負担軽減を目的に、AIアナウンサー「荒木ゆい」を活用した音声案内システムによる「検温・問診アナウンス」を行っています。

【背景・概要】

神戸市立医療センター中央市民病院では、新型コロナウイルス感染症の院内感染防止のために、病院1階・2階正面玄関にて来院者全員に問診・検温を行っています。これまでは入口にスタッフが立ち、口頭での案内を行っていましたが、患者の治療や感染予防のために昼夜を問わず働いている現場には大きな負担となり、対応するスタッフの負担軽減が課題となっていました。

この状況を改善するため、TOAの音声案内システムとAIアナウンサー「荒木ゆい」の音声を活用し、平日8:00-16:00の間に、地下、1階、2階の入口計3ヵ所にて、来院者に対して問診・検温についての案内をします。

TOAの音声案内システムはタイマー機能により自動で起動・停止するなど、運用に手間がかからないため、スタッフの負担軽減・人員配置の最適化が図れます。また、AIアナウンサー「荒木ゆい」は、人工知能を活用して、人に近い自然な発音やアクセント、イントネーションを実現しており、クラウド型で特別なスキルを必要することなく、誰でも簡単に利用できます。