ページトップ
2020.03.02 ニュース

新型コロナウイルスの最新情報をSNSから抽出・配信 企業のBCP対応に 3月2日より無償提供開始

株式会社Spectee(本社:東京都千代田区、代表取締役:村上建治郎、以下当社)は、当社の危機管理情報サービス「Spectee(スペクティ)」に、新型コロナウイルスに関する最新情報をSNS(※1)から収集し、地図情報とともに表示する特設チャンネルを設置しました。スペクティをご利用頂いているすべての企業・自治体・官公庁は、本チャンネルより新型コロナウイルスに関する動向や、企業による対策状況などを一元的に見られるようになります。国内のみならず、海外の動向もいち早くキャッチできます。

また、スペクティをまだご利用頂いていない企業・自治体にも、新型コロナウイルスによるBCM(事業継続マネジメント)にご活用いただくことを目的に、1か月間無償で提供いたします。

(※1) 対象SNSは、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ティックトックです。

■ 1か月間無償提供のお申し込み
https://www.spectee.biz

 

■ 当社について

AI等の最先端技術を活用し、SNSやカメラ・センサーなどを解析しリアルタイムに災害や危機管理情報を配信するサービスを提供しています。当社のSNS危機管理情報サービス「Spectee(スペクティ)」は、画像解析や自然言語解析などの技術をベースに、SNSから災害・危機管理情報をいち早く正確に、ユーザーに提供されます。現在、民間企業や自治体、官公庁などに国内300社以上、世界約40カ国に、災害情報・リスク情報を提供しています。