「危機」可視化する

社会のレジリエンスを高め、
持続可能な世界の実現へ

様々な情報を解析し、災害状況を可視化し予測する
AI防災・危機管理ソリューション『Spectee』の誕生

2011年3月に発生した東日本大震災、その直後から定期的にボランティアスタッフとして被災地を訪れていました。その際、マスメディアが発信する情報と現地のリアルな状況とのギャップを目の当たりにしました。被災地の「リアル」をどうすれば正しく伝えられるか。

その思いから、現地の「本音(つぶやき)」、つまりSNSをリアルタイムに解析し、「今」起きていることを「より正確に」世界へ届けることができるサービスの開発をはじめました。

そして2014年、AIを活用した防災・危機管理ソリューション『Spectee』のテスト版をリリースした直後の同年3月、首都高速道路・渋谷線で大規模な火災が発生、その状況がSNSでリアルタイムで速報されました。『Spectee』の有効性を実感した出来事でした。

2014

5
『Spectee(スペクティ)』β版リリース
7
欧州ルクセンブルグ「ICT Spring 2014」にて、Specteeを正式発表
10
Orange Fab Asia 第2期に選出

2015

7
Open Network Lab 11期に選出
10
Open Netowork Lab 最優秀賞受賞

2016

7
シードラウンド資金調達を実施
10
日経/J-TECH 優秀スタートアップ 認定

2017

6
米AP通信社と事業提携
10
シリーズAラウンド資金調達を実施

2018

6
「Interop Tokyo 2018」にて、『Spectee』の進化版(次期バージョン)を参考展示

2019

1
神戸市「Urban Innovation KOBE」のプロジェクトに採択
2
日本気象協会とAI解析による道路の路面状態解析技術の
共同開発を開始
4
「NVIDIA Inception Program」パートナー企業に認定
6
英ロイター通信社と事業提携
10
シリーズBラウンド資金調達を実施
12
ソニービジネスソリューション株式会社
(現ソニーマーケティング株式会社)と業務提携

危機を可視化し予測する、世界最先端の
防災・危機管理ソリューション『Spectee Pro』

2020年3月にリリースした『Spectee Pro』は、SNSだけではなく河川や道路カメラ映像、気象情報、人工衛星が画像データ、自動車プローブデータなど、様々な情報を収集・解析し、地図と連動して表示することで被害状況やリスク予測などをひと目でわかりやすく表示します。現在では、報道機関から鉄道、電力、通信、高速道路といった社会のインフラを担う企業や、製造業などのサプラチェーンのリスク管理、物流企業の遅延リスク管理など、企業のBCP(事業継続計画)やリスクマネジメントの最前線を担うソリューションとして活用されています。

2020

3
多様なデータを取り込み大幅にアップデートされた
『Spectee Pro (スペクティプロ)』をリリース
4
米大手気象情報会社Weather Groupと事業提携
9
「"危機"を可視化する」─コーポレートミッションをアップデート

2021

2
Yahoo! Japan向けに災害情報提供開始
5
SNS情報からリアルタイムに浸水範囲を
3Dマップ上に再現する技術を発表
9
内閣府「衛星リモートセンシングデータ利用モデル
実証プロジェクト」に採択
10
JFEエンジニアリング株式会社と災害対応における
新事業創出に向けた業務提携
11
AIを活用した避難情報発令をサポートする技術開発で
名古屋市「Hatch Technology NAGOYA」に採択

「いま」から「未来」へ
リアルタイムな被害状況の可視化だけでなく
「予測」も担う

新たな取り組みとして、SNS投稿された水害の画像から降水量や地形のデータを組み合わせリアルタイムで「浸水推定図」を再現する技術や、人工衛星を使用して人やカメラのない山間部などの状況を瞬時に、そして俯瞰的に把握できる仕組みなどを構築。災害をリアルタイムに可視化するだけでなく、その先にどう被害が拡大するかを「予測」する技術の開発を進めています。災害列島・日本のスタートアップが開発した革新的なAI×防災ソリューションとして世界でも活用されるサービスを目指していきます。

社会の危機への対応力(レジリエンス)を高め、
持続可能な世界の実現に貢献していきます

  • 資料ダウンロード
    資料ダウンロード
    サービス概要価格については資料で詳しくご説明しています。
    無料トライアルも用意しております。

お電話でも承ります。

03-6261-3655

お問い合わせ時間:平日 9:00〜17:30

営業目的のお電話は一切受け付けておりませんのでご了承ください。