レポート

【速報】2022年8月4日 SNSで見る新潟県豪雨被害

  • 調査・レポート
  • 危機管理
  • SNS

2022年8月3日から4日にかけて、北日本を中心に大変な豪雨が襲いました。3日には山形県、4日に入ってから新潟県に「大雨特別警報」が発令され、さらに多くの場所で、その地域にとって数年に一度しか降らないような記録的な大雨が短い時間のうちに観測されたことを伝える「記録的短時間大雨情報」が発表されました。

現時点(8月4日9時45分)において、特に新潟県の被害について自治体や報道機関も把握が難しい状況が見受けられるため、SNSで確認できた大きな被害の状況についてここにまとめてお伝えします。



羽越本線の坂町駅付近の様子。車が半分水没してしまっています。




新潟市内でバス車内に水が入ってしまっている様子。




関川村では橋が崩落。




阿賀野川では河川敷が完全に水没。




国道113号線、宇津トンネル付近で道路が崩落している様子。




土砂崩れで完全に道が通行不能になっています。




村上市のドラッグストアの駐車場が水没。




同じく村上市の住宅街では車が隠れそうなほどの浸水。




新発田では土砂崩れによって建物が倒壊。




旅館や住宅が床上浸水被害。




桃川峠での土砂崩れの様子。




土砂崩れと建物が崩壊している様子。三面ダムは満水のおそれから3日午後10時ごろから緊急放流を行いました。




鉄道の線路が水没してしまっています。




人間の腰より高いところまで水が来ています。




関川村が水没している様子。




関川村の切手橋付近、踏切が土砂で埋まっています。



下記地図に雨雲のアイコンや数字がありますが、弊社が提供するAI防災・危機管理ソリューション「Spectee Pro」で配信した被害情報のあった場所を表しています。山形県に発し、新潟県を通って日本海の注ぐ一級河川・荒川沿いのエリアに被害が多く出ていることがわかります。特に、川の南側、村上市のJR坂町駅周辺のエリアでは浸水被害が深刻になっています。

(SN)
August 4, 2022


メールマガジン

信頼できる危機管理情報サービスとして続々導入決定!

スペクティが提供するAI防災危機管理情報サービス『Spectee Pro』(https://spectee.co.jp/feature/)は、多くの官公庁・自治体、民間企業、報道機関で活用されており、抜群の速報性、正確性、網羅性で、「危機発生時の被害状況などをどこよりも速く、正確に把握すること」が可能です。AIを活用して情報解析、TwitterやFacebookなどのSNSに投稿された情報から、自然災害や火災、事故などの緊急性の高い情報、感染症に関する情報など、100以上の事象を、市区町村、空港や駅、商業施設、観光地周辺といった対象と組み合わせて、「どこで何が起きているか」をリアルタイムに確認できます。

(AI防災危機管理情報サービス『Spectee Pro』)
Share this with:
コンテンツ一覧
  • 資料ダウンロード
    資料ダウンロード
    サービス概要価格については資料で詳しくご説明しています。
    無料トライアルも用意しております。

お電話でも承ります。

03-6261-3655

お問い合わせ時間:平日 9:00〜17:30

営業目的のお電話は一切受け付けておりませんのでご了承ください。