レポート

【速報】SNSに見る、静岡県を襲う豪雨

  • 気候変動・気候危機
  • 防災
  • 調査・レポート
  • 危機管理
  • 自然災害
  • SNS

本日、静岡地方気象台は静岡県西部で線状降水帯による非常に激しい雨降っているとして、10時47分に「顕著な大雨に関する情報」を発表。また、静岡県中部に対しても11時17分に「顕著な大雨に関する情報」が発表されました。磐田市においては市内を流れる敷地川などに氾濫の恐れが高まっているとして2地区に対して警戒レベル5の緊急安全確保を発令するとともに、浜松市や静岡市も避難指示を発令しています。

以下に、弊社スペクティがSNSで確認した現地の状況を地図とともに速報として共有させていただきます。皆様お気をつけてお過ごしください。


(©Google)

❶浜松市中央区天王町を流れる安間川の水位が上昇。

❷藤枝市・勝草橋付近の瀬戸川の様子。

❸富士市五貫島にて、道路が川のようになっています。

❹浜松市で道路が冠水。

❺静岡市葵区にて長尾川の水位が上がっている様子。

❻静岡市清水区でも広く冠水が発生。

❼沼津ららぽーとの立体駐車場の様子。

❽沼津市・御成橋付近では倒木も発生

2024年6月28日 14:00現在

(根来 諭)
June 28, 2024

 

メールマガジン

信頼できる危機管理情報サービスとして続々導入決定!

スペクティが提供するAI防災危機管理情報サービス『Spectee Pro』(https://spectee.co.jp/feature/)は、多くの官公庁・自治体、民間企業、報道機関で活用されており、抜群の速報性、正確性、網羅性で、「危機発生時の被害状況などをどこよりも速く、正確に把握すること」が可能です。AIを活用して情報解析、TwitterやFacebookなどのSNSに投稿された情報から、自然災害や火災、事故などの緊急性の高い情報、感染症に関する情報など、100以上の事象を、市区町村、空港や駅、商業施設、観光地周辺といった対象と組み合わせて、「どこで何が起きているか」をリアルタイムに確認できます。

(AI防災危機管理情報サービス『Spectee Pro』)
Share this with:
コンテンツ一覧

資料ではSpectee Proの特徴や仕組みの他、料金表をまとめております

サービス概要/料金表/無料トライアル申込

お電話でも承ります。

03-6261-3655

お問い合わせ時間:平日 9:00〜17:30

営業目的のお電話は一切受け付けておりませんのでご了承ください。